バスルームのリフォームの種類と費用

一日の疲れを癒すお風呂。バスルームはできる限り快適な空間であってほしいものです。中には、古くなったお風呂をリフォームして、より気持ちのいい場所にしたいとお考えの方もおられるのではないでしょうか。
バスルームのリフォームと一口に言っても、その内容は様々です。ここではその一部をご紹介いたします。

バスルームのリフォームとは

ohuro

ちなみに、こちらでご紹介する予算は、あくまで目安です。使用する材料のグレードや、建物の状態などによっても、大きく費用は変わってきます。正確な予算を知りたいという場合は、専門の業者に見積もりを依頼する必要があります。

バスルームの種類

まず、バスルームには二つの種類があります。
浴槽や壁、床などがまるごとセットになったシステムバス(ユニットバスとも言います)と、必要な部材を別々に選ぶ従来浴室です。
システムバスは工場で浴室などの部分を作り、現場で組み立てるため、工期が比較的短く、費用も抑えることができます。また、一般的に従来浴室よりも水漏れやカビの発生が少なく、断熱性能にも優れていると言われます。
従来浴室は、浴槽や内装を一つ一つ自分で選ぶことができるため、自由度が非常に高く、凝ったバスルームを作ることができます。

バスルームリフォームの費用

よくあるケースのひとつに、昔ながらの従来浴室を、システムバスに換えるというものがあります。
前述の通り、システムバスは浴槽だけでなく、天井・床・壁もセットになったものです。そのため、従来の浴室の天井・床・壁をすべて解体しなければいけません。
目安としては、システムバス自体の価格に加えて、50万円程度の工事費がかかることになるようです。ただし、必要な工事の有無や浴室の広さなどによって、かなり変動します。
また、システムバスは規格品のため、浴室の形や広さによっては、システムバスが入るよう、新たにスペースを設ける必要があるかもしれません。その場合は必要な工事が増え、その分の費用もかかることになるでしょう。

システムバスの価格は、グレードによって大きく変わります。戸建て住宅の場合、最も手軽なものでは50万円、高いものだと、100万円以上することもあるようです。

また、古くなったシステムバスを新しいものに換えることもあります。既存のシステムバスを撤去し、新しいものを組み立てて、再度配管を行います。
工事費は、従来浴室をシステムバスに換える場合よりも安く、30~40万円ほどになるようです。

デザインに凝った、オリジナリティのあるバスルームを作りたいという方には、従来浴室が向いています。壁や床などの内装や、浴槽の素材を自由に選ぶことができます。見た目に凝りたい場合だけではなく、浴室のスペースが狭かったり、特殊な形状をしている場合にも対応しやすいでしょう。
ただし、凝るほどに費用が高く、工期も長くなりがちになってしまいます。予算をあらかじめしっかり決めておき、リフォーム業者に伝えておく必要があるでしょう。

バスルームのバリアフリー化

ahiru

バスルームのバリアフリー化も、リフォームの際の大きなポイントです。
改修の内容として、まず、転倒の危険を減らすことが挙げられます。床材を滑りにくいものにしたり、出入り口や洗い場、浴槽の近くに手すりを付けたり、出入り口の高低差を少なくしたりと、さまざまな対策をとることができます。
ちなみにシステムバスの場合は、手すりを付けられる場所が制限される場合があります。リフォームで新しいシステムバスに入れ換える場合は、あらかじめ、手すりの設置場所や形状を決めておく必要があるでしょう。

温度差をなくすことも、バリアフリー工事の一環です。特に冬場は、温かい部屋から寒いバスルーム、そこからさらに熱い浴槽へと、入浴には急激な温度差が伴います。そのために心臓や脳に負担がかかり、思わぬ事故につながってしまう可能性もあります。
断熱材を利用したり、浴室換気暖房乾燥機を付けたりすることで、急激な温度変化を抑えることができます。浴室換気暖房乾燥機を付ける場合は、一般的には、機器が大体10万円前後、工事費は5~7万円ほどになるようです。

なお、バスルームをリフォームする際に珍しくないのが、既存の浴室を解体してみたら、土台が腐っていたというケースです。この場合は、あわせて補修工事をしなければいけません。
このような傷みは、実際に壊してみないとわからないことも多いため、事前に業者に出してもらった見積書には、含まれていないことでしょう。予定していた予算を大きく上回ってしまう可能性もあります。
仮に補修が必要になった場合は、どのくらいの費用がかかることになるのかを確認し、余裕をもって予算を確保しておいた方がよさそうです。

バスルームのリフォームをすることは、入浴の時間がより楽しみになるだけではなく、事故を未然に防ぐことにもつながるかもしれません。
見た目や機能だけではなく、手入れのしやすさや危険防止など、幅広い観点から考え、満足のいくリフォームをしたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2014年10月3日