トイレタンクの傷隠しや装飾に最適な100均のフラワーリングのアレンジ

トイレタンクに傷ができてしまったので、傷を隠すために自宅で普段から使っている100均グッズのアイデアです。
傷隠しの補修やタンクレストイレへの変更も検討しましたが、装飾をして傷を隠すことが楽だと思ったので、100均の造花を2つ購入してアレンジして、大きなフラワーリングを作りました。
傷隠し目的以外でも、トイレの雰囲気を変える装飾としても大活躍してくれます。

100均のフラワーリングを活用

用意するものは、アレンジデコフラワーリングと、ホップガーランドです。

flow1

hop

100均にあるフラワーリングは、根元の部分が他の造花も挿し込みできるようになっているものが多いので、好みのフラワーリングと葉を選びます。
今回は、花と葉の組み合わせのアレンジのフラワーリングを作りました。
花と花の組み合わせや、葉と葉の組み合わせなど、好みで自由にアレンジができます。

トイレに置くと、ニオイがつくことが稀にあります。
埃の汚れも気になるので、年に4回ほどフラワーリングを変えて、季節感のある花を選んでアレンジして飾っています。
100均の造花のこの組み合わせ方で、長年、トイレタンクにできてしまった傷を隠しています。
傷を隠すこともできて、装飾もできてトイレの雰囲気も変わるので、便利です。
100均の造花は、季節感のあるものが売られているので、季節感をトイレの装飾からも感じられるので、ここ近年は、このアレンジが完全に趣味になっています。

作り方は簡単で、ホップガーランドに付いているものを、茎から全て取ります。

zenbuhazusu

力を入れなくても、簡単に葉もホップも外すことができます。
次に、アレンジデコフラワーリングの余っている根本に、ホップガーランドから外した葉とホップを、好きなところに挿していきます。

ringsasu

これだけで、簡単にアレンジデコフラワーリングが華やかに、大きくなりました。

100均のフラワーリングは、たまに花の数が少ないものや、花が小さくて寂しいものもあります。
いいものがないときにも、このアレンジのやり方で華やかにすることも、可愛い雰囲気にすることも、オシャレにすることもできます。

kansei

以前は、ガラス玉を敷き詰めるやり方や、装飾用の石を敷き詰めてその上に、小物雑貨を置いて傷を隠してきましたが、これはこれで雰囲気が変わるのでいいですが、トイレタンクの掃除が大変なので、やめました。
トイレタンクに石やガラス玉を敷き詰めると、埃がタンクにたまりやすくなるので、掃除の度に全て装飾品を外すのが、大変だったからです。
フラワーリングなら、一回で上げ下ろしができるので、とても楽にトイレタンクの掃除ができます。

アレンジしたフラワーリングの中心に、トイレタンクに設置するタイプの防汚消臭芳香剤を置くと、タンク用の芳香剤の本体がフラワーリングと相性の良い見た目になるので、フラワーリングの一部としてなじんだ雰囲気になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラーメン朝一さん / 岩手県
公開日:2014年10月2日