フローリングの浅い傷を消す方法-水性床用カラーワックス

アトムハウスペイント 水性床用カラーワックス。これ一本でフローリングの浅い傷が消せて、ワックスもかけられるという優れものです。色もディープブラウンと色無しのクリアーがあり、目的に応じて使い分けられます。布にワックス液をつけてフローリングをささっと撫でるように塗りつけ、あとは夏場は30分、冬場なら1時間ほどで乾きます。

フローリングの傷を自分で補修する方法

無垢フローリング

3年前に中古の注文住宅を購入、リフォームをしました。かなり素材にこだわった家で、床は全て無垢のフローリングでした。ただ築25年ということもあり、部屋の出入口やベランダ付近、頻繁に人が歩く部分の床はかなり塗料が剥げていて、白っぽくなっていました。リフォーム時に全面的なフローリングのワックスがけもしたのですが、最近になってまた前述部分のワックスが剥げてきたので、部分的に補修するなら自分たちでもできるのではないかと思い、ホームセンターで床用塗料を探していたところ、こちらの商品に出会いました。

最初はニスのようなものを刷毛で塗る方法しかないと思っており、かなりの手間を覚悟していましたので、このカラーワックスのあまりの簡単さに驚き、飛びつきました。お値段も500mlで1700円とお手頃でした。

アトムハウスペイント 水性床用カラーワックスを使ってみた

家に帰って早速ワックスがけを始めてみました。今回使用するのはディープブラウンです。乾いた布に液を染み込ませ、こすらず、そーっとなでるようにフローリング部分に塗りつけます。簡単なので、けっこう広範囲にわたって塗りましたがすぐに終わりました。夏場だったのもあると思いますが、乾くのもとても早く、30分後に見てみると、もう重ね塗りができるほど乾いていました。ディープブラウンというには少し明るい色という気もしますが、表面もとてもキレイです。これを3回ほど繰り返すと、剥げていたところも消えてリフォーム直後のようになりました。

匂いがほとんどないところも良いです。塗料によっては使っていると臭いで頭が痛くなることもありますし、乾いた後もなかなか匂いが消えませんが、このワックスは塗っている時から不快な匂いはほとんどなく、乾いた後も全くしません。また、素手で使用したのですが、ニスとは違って手についてもすぐに洗えば落ちますし、少し時間がたってもごしごしこすれば落ちます。

仕上がり、手軽さ、使用感すべてとても満足の行くものでした。ただひとつ欲をいえば、2色しかないというのは少なすぎるので、もう少しカラーのバリエーションを増やしてほしいと思いました。我が家は古民家風のダークブラウンなので、実を言うと塗った部分が元の色のフローリングと比べて少し浮いています。もうすこし濃い色があればなお良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
きよまめさん / 東京都
公開日:2014年9月4日
最終更新日:2014年9月5日