ダイソー 隙間テープ 防水タイプ1.5mのレビュー

自宅の玄関の近くにあるドアが閉まるときの音が、ストレスになっていました。私の家は、古い家なので、屋内のドアとはいっても、玄関の近くのドアが閉まるときの音がすごいものがあります。玄関のすぐそばのドアなので、屋外のドアではありませんが、敢えて、防水タイプの屋外専用のすきまテープを選択しました。

隙間テープ 防水タイプ1.5mは大変便利

daisosukima

防水ではないタイプのすきまテープは、いままで、何種類か使ったことがありましたが、防水タイプは、今回が初めてでした。玄関のすぐそばのドアということで、埃や風を防止したかったので、雨や雪に強い防水タイプのものにしました。たまに、玄関のドアを開けたまま、DIY関係の作業や、荷物の出し入れもすることもあるので防水タイプがいいと思ったこともありました。

bousuitepu

ダイソーの防水タイプのすきまテープは、屋内のすきまテープよりも弾力がありました。弾力があるけれど、柔らかいので、衝撃音の吸収効果が高まります。防水タイプのすきまテープを2つ購入したので、余った部分を屋外の離れの引き戸のドアにも使いましたが、閉まるときの音が吸収されているので、サッシの派手な音がしませんでした。

こういったドアの開閉の衝撃音というのは、大きい音ほど近隣の方々にも、ご迷惑をかけてしまうことがあります。自分の家ですら、うるさい音はストレスなのだから、他人であれば、余計にストレスに感じていることもあると思います。

でも、このダイソーの防水タイプのすきまテープを貼ってからは、 ドアの開閉時の音が柔らかい音になったので、これからは、ドアの開け閉めの度にストレスを感じることなく生活できそうなので、良かったです。

ドアの開け閉めに関して日々のこういった一つの作業は、毎日のことになります。一日を通して、複数回にもなり、それが毎日となると、ちょっとした衝撃音はやがて大きなストレスになることもあります。開閉時に衝撃音のするドアの近くの部屋を使っている家族には、特に耳に負担のかかる音になります。毎日、積み重なると、精神的なストレスにつながります。

テープ一つで解決できるのだから、安いものです。衝撃音を和らげて隙間風も防げますが、貼ってもいいかどうかは、同居人の家族と相談した方がいいかもしれません。ドアに直接貼り付けることになるからです。

私の家では、猫を飼っています。猫は、勝手に自由に屋内のドアを開け閉めしています。最近では、律儀にドアを閉めることも覚えたようです。猫のドアの開け閉めの音は、人間のドアの開け閉めよりも余計にうるさかったですが、このすきまテープで静かになりました。防水タイプのすきまテープの方が、猫の爪にも強いようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:2015年2月27日